すべての手記 福岡の暮らしと文化

レガネットキュートは、福岡の大きいコンビニ!!

博多の街を散策していると 緑の看板の
ちょっと洒落たコンビニのような店をみかける。こんな感じの店だ。

re004

最初の頃は 新規コンビニチェーンが福岡にできたのかな。くらいにしか思っていなかったのだが、
re044
この看板を見て どんな店か興味がわいたので、のぞいてみることにした。


スポンサーリンク





スポンサーリンク




大きいコンビニ、ガネットキュートのここが新しい

自動扉が開て、さっっそく 中に入ってみよう。

まず このコンビニは 福岡の「西鉄」という大手の会社が 運営しているということ。つまり 福岡発のコンビニチェーンということになりそうだ。

大きいコンビニと謳っているからには、他の大手コンビニと ちょっと違いがあったりすうのだろうか。どうだろう。

入店してすぐ右手にドリンクコーナーがある

さて、通常のコンビニなら この辺りに 銀行のATM機とかコピー機とかがあると思うのだが、ガネットキュートには こんな風にセルフタイプのドリンクコーナーが、いきなりあるのだ。

ドリンクコーヒーコーナー1杯100円だ

ドリンクコーヒーコーナー1杯100円

この利用法は、レジで100円を支払ってから コップを受取り、こちらに来て 好みの飲み物を選んで 自分で入れてから、テイクアウトするというやり方の様だ。

これから レガネットキュートの、通常のコンビニとの違いが 次々と明らかになっていく...。

土産物が コンビニに置いてあるか?

お土産物をコンビニで買うという概念は、普通 ないのではなかろうか。土産物を買い忘れたことを、旅の最終日にホテルで気付き 慌てた経験は 誰でもあることだろう。

そんな時、近くのコンビニに それがあったとしたら、本当にありがたい話だ。その要望に、この店は 応えてくれるという。

re0013

まず、福岡 博多の定番の土産といえばこれだろう。「明太子」と「めんべい」だ。それが このコンビニ、レガネットキュートには おいてあるのだ。

re007

さらに「博多ぶらぶら」 など、福岡の有名な和菓子 や 地酒もこちらにある。

また このようにカジュアルに提案されてしまうと、そのまま自分で食べたくなってしまうかも知れない。それもきっとありだろう。お土産の味見もできて 一挙両得だ。

コンビニが九州の物産展に?

こちらには、

re016

「九州パンケーキ」と 「パンケーキバターミルク」がある。まるで百貨店の食品売り場みたいだ。

re039

このコーナーは、熊本の産直市場になっている。
たけのこが、とても美味しそう。

re040

さらに 大分の直産品が、追加されたコーナーだ。
珍しい 「こんにゃくパスタ」なんかも 並んでいたりする。

re023

長崎県平戸市の"平戸じげもんうまかもん"。 長崎特集のコーナーも充実している。ところで 「じげもん」って方言? 何なんだ。でも ここは スルーして次、

re030

さらに長崎県推しが強い。長崎平戸あごフェアで、「つまみあご」、「焼きあご」、「あごだし」など 「あご」ネタが並ぶ。

re008

長崎平戸の天ぷら各種130円。どうやら長崎県の平戸市は、食の宝庫みたいだ。
re037

ついでに 手前には、さりげなく「北海道男爵いものかぼちゃコロッケ」。もう九州の枠さえも超えてしまっている。

総菜が一口サイズ

コンパクトな 総菜達が 種類豊かに並んでいる。

re033

なぜか、一つ一つが おもちゃの食べ物みたいに見えてしまう。しかし、 出来たて感満載の 瑞々しい香りが店内には漂っているのだ。「ひとくち照り焼きチキン」245円、「鶏皮唐揚げ(ゆず塩)」167円、「具たっぷりパリッと春巻き」195円。

re041

こちらは、「天ぷらの盛り合わせ」400円、「納豆ハンバーグ」120円、等々。

それぞれの総菜が 実に一口サイズだ。持ち帰ってすぐに 食べきるイメージだろう。お弁当感覚で、外でそのまま食べるのにも丁度よいかも知れない。

re027

「サクサク!!カレーパン」100円。揚げ立てポテトの箱みたいなものに入った「明太ボール」100円とかもある。これは特に人気なのだろう。品薄状態のようだ。

re036

チョコワッフルも美味しそう。 これらはトングでとって 棚にあるビニール袋に入れ、 レジにて会計という形になる。

コンビニに お供菓子は売ってるか?

お盆も近いので 特別な品揃えになるのだろうか。

re065

色とりどりの、仏壇のお供え物菓子が 棚一面においてあり、ちょっとした驚きを覚えてしまった。

re061

形もユニークな物が沢山そろっていて、「竹かご盆菓子」380円とのこと。

re024また、これも お供え物になるのだろうか。生花が コンビニで 販売されていたりするのは 初めて見た気がする。

コンビニに生肉は売ってるか?

これも同じく店内の様子。

re005

まるで スーパーの生鮮品コーナーのように、やや狭い店内でも コンパクトに生肉の販売コーナーまで 盛り込まれているのだ。

re012

その 天井は高く、ダクト 配管を見せる プチ・ブルックリンスタイルとでもいうのだろうか。

re021

また ミネラルウォーターの種類が多いのは、海外旅行者へ 自国との飲み水の違いを、フォローする気配りかも知れない。

電子レンジはセルフでどうぞ

実は、店内に イートインコーナーが用意されていた。

re015

カウンターの席 一列のみになるが、6〜7人ぐらいは 座って飲食ができるスペースになる。

re066

先ほどの総菜が一口サイズだったのも、こちらで気軽に食べれる配慮だったのかもしれない。「めんべい」や「サクサク!!カレーパン」、「明太ボール」もここで食べることができるわけだ。

re018

その総菜などを 温めたり調理できるよう レンジや、給湯器もちゃんと用意されている。この店では、持ち帰ること無く 美味しく食事を完結できるわけだ。

レンジ下のせり出した台は、レンジでチンした物を取り出すとき、買い物袋を置くためのものか。その すぐ横の「燃えるゴミ」の入れ口も 利用者への細かい配慮を感じる。

re042

また 通常のスーパーやコンビニの買い物かごは
1辺が50cm近くあると思うが、こちらのガネットキュートでは
一辺が30~40cm程と、明らかにキュートで小さい。

これだと 一口サイズの総菜などを 自分用にワンセット買い揃えるのには、ちょうどいいサイズかも知れない。

re046

レジ周りも スッキリとスマートで、カフェ風のお洒落な感じだ。

福岡のレガネットキュートは、一人暮らし 2人家族、出張、旅行中などの方には 食べきりが出来る ちょうどいいサイズのコンビニになるのではないだろうか。


スポンサーリンク





スポンサーリンク




大きいコンビニ レガネットキュートまとめ

  • 福岡の西鉄が運営する大きいコンビニ 小さなスーパー
  • 今自分が食べたいものを選んで、セルフで その場で食べられる
  • お福岡の土産物が、一度に購入できる
  • また福岡以外の 九州の特産品や名物も購入できる
  • 地域密着型のかゆいところに手が届く品揃えに感動
  • 生鮮品も購入が可能な ちょっとしたスーパー
  • 値段も手頃。イートインがOKの食品はワンコインのものも多い
  • お盆向け商品、お供え物、供養花など季節の商品も充実
  • 旅行で立ち寄ると、コンビニで足りない物を埋めてくれる品揃えが魅力


レガネットキュート 中洲川端店
福岡市博多区上川端12-20 ふくぎん博多ビル内
TEL:092-260-7187
営業 7:00~23:00まで

レガネットキュートは、デビューも1年ぐらいの福岡の新しいコンビニで、まだ店舗数は少ない。

この店は、色々な活用の仕方があると思うので 地元の人も、旅行で来た人も 是非 気軽に試してもらいたい。きっと かゆいところに手が届くサービスを体験することが出来るだろう。



スポンサーリンク

-すべての手記, 福岡の暮らしと文化
-, , , , , , , ,

Copyright© 福岡生活おもてなし手記 【博多おもて帖】 , 2019 All Rights Reserved.