すべての手記 福岡の暮らしと文化

福岡 絵本ミュージアム2016に行ってみた

福岡絵本ミュージアム2016に行ってきた。私は絵本の世界が好きで、実は先日 前売り券を買っていたのだ。

福岡アジア美術館が会場になり、入り口はこんな感じになっていた。

a004

看板のデザインは チケットと同じになっていて「しあわせな時間」と書いてある。

a001

受付はこんな感じ。これから おこるファンタジーを予感させる。


スポンサーリンク





スポンサーリンク




チリとチリリ うみのはなし

受付でチケットを見せてから入場すると、いきなり 絵本の世界に出てくるような大きな花が咲いていた。花の直径は30cm以上あるかも知れない。大きいタンポポの綿帽子って 、見ただけでも ときめきがある。

a003

会場の中に入っていくと、自分の背丈が 絵本サイズに どんどん小さくなっていく錯覚に陥る。すると テンポよく
a006

その世界が 等身大の飛び出す絵本のように 目の前に現れたのだ。いま その絵本の世界の中にいる。

a0010

「うみ チリとチリリ うみのおはなし」 どいかや氏の絵本だ。

a008

テーブルには 夏のイメージのかき氷 とゼリーだろうか?バックライトを浴びて涼しい色へと変わっていく。

壁には大きくこう書いてある。

ちょうど ぴったり ふたりぶん あいてます
チリは まきがいの ソファー
チリリは しんじゅがいの ソファーに すわりました

絵本からの抜粋だろう。その世界がそのまま 壁一面にわたって表現されているのだ。

a009

手前には どいかや氏の様々な絵本が飾られ、小さな子ども用の椅子がおいてある。

a016

そこは、日常の緊張がゆっくりと溶けだして 時がゆるやかに流れている。


スポンサーリンク





スポンサーリンク




ひとまねこざるの映画館

絵本ミュージアムの世界は ときに 平面であり ときに立体的にも表現されている。こちらは「ひとまねこざる」。

a015

こざるが看板を書いている 後ろ姿も見ることができるのだ。

こざるの映画館」 H・A・レイ(ハンス・アウグスト・レイ)

a025

この世界感が絵本だと、一枚のページに収まるのだが、この絵本ミュージアムの手にかかると、反対に回り込んで、その裏方の様子まで うかがえたりする。

a019

こざるの映画館。裏方の監督とクレーンカメラ

また 当然 日本の絵本だけでなく、フィンランドやブラジル、ブータンなど 世界の絵本 玩具なども展示されている。その繊細な細工が施された玩具は、日本ではあまり目にしない貴重なものばかりだ。

a013

「はらぺこあおむし」だぁ!

こども達の 嬉しそうな声が揃う。

a022「はらぺこあおむし」  「とうさんはタツノオトシゴ」、エリック・カール氏の絵本の世界が、ほら こんな感じだ。

a021

絵本の世界に入って 写真撮影までも楽しめる。

a023

紙芝居小屋で、紙芝居を体験してみよう

自分で選んだ 好きな紙芝居を 昔ながらの紙芝居台を使って 楽しめたりするコーナーもある。

a029

紙芝居台は3台ほど 用意されていて、紙芝居用の台本を 自由に選んで、家族や子供達で楽しむことができるのだ。紙芝居のやり方は、簡単で はじめてでも 気軽に挑戦できそうだ。

あかちゃん絵本ひろば がある

こちらの コーナーは、
a026
「あかちゃんの絵本ひろば」  ひろかわさえこ氏
ちいさなくだものえほんシリーズ

a027

中央に生えた紙製の木には 可愛い小鳥のさえずりが聞こえてきそうだ。

a032

ここは 小さなお子さん専用のスペース。 親子でも 楽しく絵本が楽しめる。

恐竜が絵本の世界に!!

そんな中で 突然 こんな恐竜の白骨が。

a038

これは 「プログナソドン」。産地モロッコ・白亜紀後期(約6500万年前)・所蔵 十津 守宏氏によるもの。佐賀の博物館から この絵本ミュージアムのために一時的にお借りした大切なものらしい。

バートンさんの せいめいのれきし

a040

「はくぶつかん せいめいのれきし」 バージニア・バートン

a042この せいめいのれきし の世界感を、ここで よりリアルに感じてもらうため 博物館から 他にもゲストがいるらしい。

バートンさんの世界感に、圧倒される子供

その世界感に、唖然とする子供

はくぶつかんのアンモナイトと三葉虫

アンモナイトの実物があったりする。正確には左側にあるものが、「ドオビレイセラス」 アンモナイト類・産地 マダガスカル・時代 白亜紀中期・所属 国立科学博物館!!

a047

さらに 右側には 産地がフランスで同じく「ドオビレイセラス」。こちらも国立科学博物館のものだ。

a045

同博物館から他にも「ファコプス」 三葉虫類。産地はモロッコ東南部・時代はデポン期中期のもの。展示品は、まだまだ紹介しきれないほど沢山ある。

a043

バートンさんが 絵本のかつら文庫を訪問されたときに描かれたスケッチ、

a046

その時の写真だろうか。スケッチ画と一緒に飾ってあった。(東京こども図書館より)

a037

ほんわりした世界につつまれた絵本ミュージアムは、最後は 永い生命の神秘と、バートンさんの生物への慈愛のような ぬくもりで締めくくらていた。

a031

この絵本ミュージアムアムは館内で長時間過ごすことも大歓迎で 沢山の絵本を読める広いスペースが 用意されている。

福岡 絵本ミュージアムまとめ

  • 絵本ミュージアムは絵本好きの人はたまらないだろう
  • 絵本を知らない人も優しい気持ちになれる
  • 絵本の世界の中に自分が入って楽しめる
  • 絵本の世界の中で、好きな絵本が読み放題
  • 写真撮影ができる場所も多数ある。
  • 撮影場所は壁の案内を見て確認しよう
  • 絵本の世界の中に入って 撮影を楽しめる
  • 子供が大好きな絵本の世界で写真を撮れるという機会は貴重
  • 絵本ミュージアムの出口外では絵本、関連グッズの購入も可能
    おいでよ!絵本ミュージアムアム2016 福岡アジア美術館
    NTT西日本スペシャル
    期間 2016年7月26日~8月21日 会期中無休
    一般1,000円、高大生700円、小中生500円、 小学生未満は無料

20名以上の団体割引あり
該当される方は無料:身体障害者手帳・精神障害者保健福祉手帳・療育手帳の保持者本人と介護者1名、特定疾患医療受給者証・先天性血液凝固因子障害等医療受給者証・小児慢性特定疾患医療受診券の保持者本人
西日本新聞イベントサービス TEL 092-711-5491
会期中のお問合せは福岡アジア美術館 TEL 092-263-1100

ひとの優しさを思うときは、絵本ミュージアムをたずねてほしい。きっと しあわせな時間が、そこには流れているはずだ。

スポンサーリンク

-すべての手記, 福岡の暮らしと文化
-, , , , ,

Copyright© 福岡生活おもてなし手記 【博多おもて帖】 , 2019 All Rights Reserved.