すべての手記 福岡の暮らしと文化

博多駅前に中島美嘉がクリスマスイルミネーション点灯式で登場!

ライフライン復旧に向けて 急ピッチで作業が進んでいる博多駅前通り。

その陥没の現場と目と鼻の先、その距離150mの場所 博多駅前広場で、

今日 クリスマスのイルミネーションの点灯式が行われた。

写真の奥に見えるのが博多駅で、その手前にある白い棟が、クリスマスモチーフの大型イルミネーションになる。形は毎年 微妙にブラッシュアップされているのだろうか。その形は巨大なウエディングケーキの様にもみえる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

中島美嘉が来てくれた

その モニュメントも含めて博多駅辺り一帯の点灯式は、事前に告知はされていたが、平日で知らなかった人も多く、

通勤の帰宅ラッシュとも重なって 人だかりの中のステージに中島美嘉が登場するとどよめきがおこった。

出典:東スポWeb

出典:東スポWeb

彼女曰く

「危ない事故が起こり、私は東京にいたけど心を痛めました。危ない場所に人を呼び込むことに心苦しさもあったが、皆さんが私のことを喜んでくださって安心しました。本当に気をつけてください。これだけは言わせてもらいたかったので」

引用:東スポWeb

心くるしさもあった。とのこと。中島みか・彼女は鹿児島出身で九州での今回の出来事は、特別のことと感じてくれていたよう。

博多の人間からすると こんな時だからこそ、彼女みたいに来て頂けるとありがたい。その行動に感謝の気持ちしかないのである。

博多駅前の巨大アーチの下で、"雪の華”を熱唱した。自粛ムードがややもすると蔓延しそうな街の雰囲気の中、その状況を一気に打開するサプライズイベント。博多の街に象徴的な希望の光が灯されたようだ。

博多駅前通りが、復旧すれば こちらの通りまで イルミネーションは連なることになるだろう。

週末には、福岡マラソン そして、大相撲九州場所がはじまる。

博多は決して歩みを止めてはいない。

冷たい雨が降る博多駅前に響いた"雪の華”が 天使の賛美歌に聞こえ 心が震えた。

:追記

博多駅前通り陥没から 急ピッチで復旧進む博多駅周辺の様子>まとめの記事を読む

スポンサーリンク

-すべての手記, 福岡の暮らしと文化
-, , , , ,

Copyright© 福岡生活おもてなし手記 【博多おもて帖】 , 2019 All Rights Reserved.