すべての手記 福岡の暮らしと文化

東長寺の豆まき、節分大祭とは?

2月の行事というと、まず思いつくのが豆まきである。

そこで 福岡・博多の豆まきのイベントで、メジャーな東長寺の節分祭を紹介しよう。

因みに 東長寺は、弘法大師 空海が宋から帰国後、日本にはじめに建てた密教寺院。そこにある日本最大の木造大仏は、見るもを 静かに圧倒するスケールがある。

さらに、見所として 最近改修して色鮮やかになった木造建築の五重塔、そして千手観音像や六角堂は、文化財・指定建造物としても有名である。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

東長寺 節分祭とは?

その東長寺で行われる豆まき「節分祭」は、2月2日から翌日の3日まで行われる。

2月2日、「前日祭」の豆まきは 午後1時、2時、3時の3回に分けて行われる。1回のマメまきの所要時間は20分ぐらいだろうか。

最近は、著名人・地元のタレント・アイドルなども参加している様だ。

節分祭の豆まきの様子

2月3日、節分大祭。こちらは 午前中から豆まきが本格的に行われる。こちらの名士、県知事、住職らが挨拶をおこない、本堂から威勢良く豆がまかれる。

その中には お菓子なども混ぜてあり、それを取りに追いかける子ども達も大喜びだ。

豆をまくのは、鬼の邪気を払い、無病息災を願うため。
一説によると「まめ」の「ま」は魔、そして「め」は滅で、魔を滅する意味だとか。

鬼やお多福さんもいて記念撮影もすることができる。

豆は拾うことができなくても、お寺の方から後で、いただけるケースもあるので、まずは、けがなどがないように!

豆まきは、午前9時半から、一定時間をあけて午後4時まで 繰り返し行われる。なので、一回の豆まきのタイミングを逃したからといって焦る必要はない。1時間くらいをおいて 再び はじまるはずだ。

それまでの間 境内の六角堂や五重塔、福岡大仏をゆっくりと鑑賞したい。



スポンサーリンク

-すべての手記, 福岡の暮らしと文化
-, ,

Copyright© 福岡生活おもてなし手記 【博多おもて帖】 , 2019 All Rights Reserved.