すべての手記 福岡の暮らしと文化 福岡の軽食喫茶

とんこつ味はもう古い!! ヒルナンデスが発信する博多ラーメンの新定番とは?

博多の文化の定番が、今微妙に変化してきているということで、昼のTV番組ヒルナンデス!(日本テレビ)で特集が組まれていた。

出典:日テレ

そこで紹介された内容は、地元の人間でも新鮮なものだったので、ここで紹介しておこうと思う。

その放送回では、博多ロケを東京のスタジオで見るという呈で、博多華丸・大吉と 女優 藤吉久美子 さんがゲストで出演。

因みに藤吉久美子は福岡は久留米の出身である。

そして、博多ロケの番組進行役が 福岡FBSアナウンサーとして 松井くららさんが登場。

その彼女って何者?って思うかも知れないが、その経歴がまた面白い。

出典:NAVER まとめ

マツコと関ジャニ∞の村上くんがやっているTV番組「月曜は夜ふかし」(日本テレビ)の初代アシスタントをしていた彼女は、その番組放送中に、福岡のTV局に就職が決まったことを マツコ達に報告した経緯をもつ。

その新転地 福岡での仕事ぶりを、今回は食レポで、全国に初お披露目というわけだ。

博多ラーメンの新定番は?

博多といえばとんこつラーメンがもちろん定番である。

その中でも、博多ラーメンの雄“一風堂”、はニューヨークをはじめ世界に出店して、「とんこつラーメン」を 現在進行形で全世界に広めつつある。

話は逸れるが、この一風堂は 今でこそ、博多・日本を代表するラーメンチェーン店となったが、1994年に"新横浜ラーメン博物館”に出店したことが全国制覇への足がかりとなったことは意外と知られていない。

博多ラーメンの新定番の話に戻るが、雑誌・福岡ウォーカーによると

表の新定番は泡系

いまの福岡・博多のとんこつラーメンは
泡系と言われるモノが主流になってきている様だ。

それを、ラーメン通は「とんこつカプチーノ」と呼ぶらしい。

http://eight-web.com/blog/2014/10/17/hakataissou/

その代表的な1つを紹介しよう。それがこちら、上の写真をみると、一目瞭然。

正に、スープが 泡状になっているのを確認いただけるだろうか。

こちらは、博多一双のらーめん、600円になる。

博多一双 博多駅東本店
福岡県福岡市博多区博多駅東3丁目1
清潔感のある洒落た店内で濃厚なとんこつラーメン、いわゆる「とんこつカプチーノ」を堪能できる。

新定番になれるか!! 替え玉の裏新定番は...

その中でも、ちょっと変わり種の新定番も紹介されていた。

出典:食べログ

それが、博多"元気一杯” の新メニューだ。こちらも見ての通り、ラーメンは 新定番の泡系「とんこつカプチーノ」に入るだろう。

元気一杯の新作イチ押しラーメンの正体とは?

ただ 変化ぶりはそれだけではない。それは、後から出てくる替え玉だ。

実は、 その替え玉が カレー味になる。

この様に、従来の博多ラーメンの替え玉としての湯がいた麺の上にカレーのルーが乗せられて、出てくるのだ。

それを、どうやって 食べるかと言えば、

その1。「カレー替え玉」として そのまま麺も、カレーのルーも、そのまま一緒にスライドして、本ドンブリに入れてしまう。

その2。 もう一つの食べ方は、麺をルーに付けてそのまま 混ぜて、つけ麺的に、単品として食べる。以上、各自 お好みで。

はたして その豚骨スープと カレーの相性はいかに!?

取材に訪れた出演者の面々にも その好評は上々のようだ。

ちなみに、この元気一杯は、雨上がり決死隊の蛍原徹氏と その後輩の宮川大輔氏も つい先日、ツウが通う店として ロケで訪れている。その番組では、営業日が 当日訪れてみないと分からない人気ラーメン店として、紹介されていた。

店には、これといった看板や 通りからのぞける窓がなく、その営業されているかどうかの判断は、店頭につるされた青いバケツが有るか無いか、それで見分けるしかないらしい。

店頭にバケツが吊されていれば、営業中の目印となるのだ。

この店は 博多の住宅街の中に飾らずに ふいにあるところが非常に面白い。それは奇をてらったものではなく 自然体だから、なおさらだ。

周りにこれといった目立つ建物がないこともあって、呉服町〜奈良屋町あたりをぶらりと探索しながら訪れてみるのも楽しいだろう。


元気一杯
福岡県福岡市博多区下呉服町4-31 1F
地下鉄 呉服町駅より400m(西鉄バス停 蔵本より同じく)
電話:非公開 予約不可
定休日:日曜・納得がいくスープができなかった時

営業しているかどうかも、その時の運ということになる...

スポンサーリンク

-すべての手記, 福岡の暮らしと文化, 福岡の軽食喫茶
-, ,

Copyright© 福岡生活おもてなし手記 【博多おもて帖】 , 2019 All Rights Reserved.