すべての手記 福岡の祭

福岡 花見の穴場スポット(2017年)と みごろはいつまで?

今年の福岡のさくらは、開花から満開まで異常に遅かった。

例年なら、福岡は3月20日〜25日ごろが花見のピークで、4月に入るとせいぜい花吹雪で 花見ムードはあまり感じなくなる。

ところが今年は、3月末になってさえも、開花宣言は出されることはなかった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

4月8日に満開となった

満開とは、「ほぼ100%の桜が開いた状態」ということだ。

毎年、福岡城跡・舞鶴公園の桜を見に行くのだが、今年はあいにく雨の日が多く、満開の本日やっと花見をすることができた。

つい午前中、先ほどまで 雨が本降りだっだのだが、嬉しいことに 急に日が射してきたのだ。

承天寺・博多千年門から

よく訪れずれる承天寺通りから 散歩しながら巡ってみよう。

急に強くなった日差しの青が、いままで眠っていた樹木にみるみるとエネルギーを与えているようだ。

承天寺は境内に桜の木があるようだが、今日は中に入れないようだ。残念。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

これが文句なく満開の桜だ!! 穴場スポット

そこで、東長寺へ向かってみた。

東長寺 正門をくぐると、突然。一面の桜色。

境内の中央に見事な枝っぷりの1本の桜。これが威風堂々、なんとも趣がある。

さくらの花の淡いピンクが幾重にも重なり、目映いばかりだ。

陽を浴び、さくらの色の陰影がその光を孕んで、昼間なのにライトアップされているかのごとく膨張して、こちらに迫って来る様に見えるのは驚きだ。

この花の開き具合、モリモリのマッスルな桜とでもよんだらいいのだろうか?

やっと満開になった桜でも、散った花びらが、綺麗に丸く桃色のカーペットのように 薄く敷き詰められている。

ここは東長寺の境内となるため、御座を引いての飲食をしながらの 一般の賑やかな花見風景は一切見られない。凜とした適度な緊張感の中で、さくらの花をじっくりと堪能できる、そういう意味では 博多駅にも近い一番の穴場 花見スポットと言えるのではないだろうか。

東長寺の鐘が、暖かい春の日に 時なるのもまた一興。
六角堂の傍らに咲き誇る見事な、さくらであった。

垂れ桜(しだれざくら)も見事にに咲いていた。東長寺の境内の桜だけに、枝ぶりからして高尚で、水彩画のような美しさがある。

海外からのお客さんも沢山記念撮影をしていた。

櫛田神社に桜はある?

また、櫛田神社にも足をのばすと、

道路側からも境内の桜が見えた。

春の櫛田神社 清道、その奥には博多山笠の飾り山が見える。

ソメイヨシノや、ヤマザクラ、シダレザクラがしとやかに咲いていた。

その中で これは、花桃(はなもも)という木。

今年の花見は東長寺・櫛田神社で奥ゆかしく目に焼き付けることができた。福岡気象台の花見予報によると 4月10日まで満開で、それから11日より散り始め みごろはそれから3日程となるだろう。そして それから先は、また情緒あふれる花吹雪へと姿をかえる。

福岡城さくらまつり

今年のさくらの開花の遅れは、花見イベントにも影響した。

それは 恒例の、福岡城さくらまつりが、本来の予定の日にちを繰り下げて、4月上旬までとなったのだ。

その期間中、福岡城・舞鶴公園のさくらは夜間18:00〜22:00までの間ライトアップされる。

そして 今年も 特設の7m級のジャンプが出来るトランポリン遊具(有料・レンタルでヘルメット着用)や、出店が軒を連ねるということだ。

スポンサーリンク

-すべての手記, 福岡の祭
-, ,

Copyright© 福岡生活おもてなし手記 【博多おもて帖】 , 2019 All Rights Reserved.